ガーメントケースの常識を変えた、「世界初」世界最小級」超機能性ガーメントケース「SU-PACK」。

使用方法

次世代ガーメントケース「スーパック」は新発想の特許ホルダーにスーツをしわもよりにくくたたみ、従来のガーメントケースの半分の大きさでキャリーケースやビジネスバッグに入る機内持ち込み可能なガーメントケースです

スーツのたたむ方法は、従来からある、紳士服販売店や量販店が推奨するシワになり難いたたみ方を用い、
持ち歩いてもシワになり難くするために特許取得の新発想のホルダー「SU-PACK®」にジャケットやパンツを
固定させ、また、パウチインナーケースに挟むことにより、更に、シワや型崩れを防ぎます。

ジャケット パンツ
ジャケット1

1/4ホルダーの上にジャケットをあてます。(ロゴ面上に)
※1/4ホルダーにジャケット
を掛けないで下さい。

パンツ1

スクロールホルダーのスリットにパンツを通します。

↓ ↓
ジャケット2

ボタン穴側を先に
ジャケットが裏返るように1/4ホルダーに掛けます。

※ジャケット1/4ホルダーの軽量用穴にジャケットのボタンが入る場合がありますので、ボタン穴の方を先にたたんでください。

パンツ2

スクロールホルダーを回転させてパンツを巻いていきます。

↓ ↓
ジャケット3

両側とも掛けていきます。

パンツ3

↓ ↓
ジャケット4

ジャケット裏側が表になるように、2つに折ります。

パンツ4

※パンツの長さにより巻き終わりの長さは異なりますので、最初のスリットに通す長さをご自身で調整して下さい。

↓ ↓
ジャケット5

さらに縦に半分に折ります。

パンツ5

パウチインナーケースに入れて、ストッパーを止めます。

↓ ↓
ジャケット6

注意 ストッパーはカーブのままお使いください。



ストッパーは折りたたまないでください。

パンツ6

このままビジネスバッグに入れて使用することも可能です。
※ビジネスバッグは、約27.5cmx約42.5cm以上のサイズが必要です。

ストッパーを止めます。
↓
ジャケット7

パウチインナーケースに入れて、ストッパーを止めます。

↓

↓
ジャケット8

このままビジネスバッグに入れて使用することも可能です。

※ビジネスバッグは、
約27.5cmx約42.5cm以上のサイズが必要です。



→
終了

スリムバッグに入れて終了です。
キャリーケースは、内寸約31.5cm×約43.5cm以上
のサイズが必要です。

●ジャケットやパンツはシワの入り難いたたみ方となっておりますが、たたむ際にはシワが入らないようにたたんでください。
●ジャケットやパンツに折りたたみスジが残る場合があります。
●生地質、裏地などにより、シワになりやすい場合があります。
注意事項
必要以上に負荷をかけると裂ける場合があります。
*1 斜めに負荷をかけないでください
*2 パウチインナーケースは大きく開かないでください。
*3 負荷をかけないでください。


AL・ANA


JAL・ANA機内持ち込み可能なお手荷物は、身の回り品1個のほか、下記の条件のお手荷物1個とし、合計重量が10kgを超えないものとします

飛行機の
座席数

サイズ

合計
重量

100席
以上

3辺の合計が115cm以内
(幅55cm×高さ40cm×奥行25cm以内)

10kg

100席
未満

3辺の合計が100cm以内
(幅45cm×高さ35cm×奥行20cm以内)



PAGE TOP